☆アメリカの田舎に交換留学☆(しました)

2017年8月から1年間の交換留学を終えました!

雨、雨、雨

ネタが尽きてきたので天気の話でもしようかなと思います笑

 

今回の悪天候が原因なのかは分からないけど、昨日のお昼過ぎに大学で停電がありました

復旧するのに1時間以上かかったのですが、実は前期も停電があって授業がキャンセルになったことがありました。

こんなに頻繁に停電するなんて…と思っていたら、ランゲージラボに来ていた学生が

だってここはアーカンソーだから!

と言っていました笑

アメリカの田舎はそんなものなのか…?

 

さて、いま私のいるアーカンソーラッセルビルでは洪水警報が出ています。

昨晩は雷も鳴っていました!

いかんせんキャンパス内は高い建物が少なくただっ広いので、傘をさして歩いていると撃たれるんじゃないのかとちょっと心配になりました。

今朝は昨日に引き続き雨は降っていますが、雷は止んでいます。

 

ここ最近晴れの日がなくて一週間くらいどんよりな天気なのですが、昨日から本格的に雨が降り出し、今回の洪水警報は21日から23日まで出てます。

警報が2日先まで出るってことあるんですね笑

 

そういえば、8月にラッセルビルに到着したとき、前日まで洪水で大学近くの道路が冠水していたそうです。

あとは、キャンパスの周りが牧場になっているのですが、その牧場とキャンパス西側の一部駐車場も冠水したとか。車大丈夫なのかな?

さすが自然の州といわれるだけのことはある…

とはいっても、日本の関東と比べると普段から雨がそんなに降るわけでもなく、傘を使ったのは今回で3回目くらい。

 

そんな事情もあってか、アメリカ人はあまり傘をささない

 f:id:yukie95a15:20180222064211j:image

 ↑分かりづらいけど、雨、降ってます。

もちろん、傘の代わりにレインコートを着ている人も多いけど、キャップやフードでしのいでる人もいて不思議。今日とか結構降ってるのに笑

足元も、レインブーツを履く人や、逆にぬれても構わないようにチャコを履いてる人もいる中、普通のスニーカーの人もいます。

レインコート+長靴の完全防備の人がいるなか、晴れの日と変わらない格好の人もいて面白いです。

 

でもキャンパス内のほとんどが芝生でおおわれているので、歩道から一歩踏み出すと泥と水を含んだ芝生に足を突っ込むことになります笑

スニーカーはちょっとね!

 

普段、ウォルマートに行く以外にキャンパスから出ることはないけど、明日また雷雨の予報なのであまり天気が悪くならないように願ってます!